ニュース

パンツも日用品みたいに定期購入したら快適すぎ!履き心地抜群の1枚が定期的に届くと、どう変わる?

パンツも日用品みたいに定期購入したら快適すぎ!履き心地抜群の1枚が定期的に届くと、どう変わる?

こちらはUNSUNGを販売する株式会社メディアジーンが運営するメディアlifehackerの記事です。着る服にこだわりがある男性は多いかと思いますが、アンダーウェア、つまりパンツについてはどうでしょう? 筆者はまったくこだわりがありませんでした。 「どうせ、たかがパンツなんだし、穿ければなんでもいいよ」と適当に買い、古くなったら捨てる。思えば、そこに満足はおろか期待すらない、荒んだパンツ・ライフでした。 そんな私の前に現れたのが「蒸れない、ずれない、すぐ馴染む高機能アンダーウェア UNSUNG(アンサング)」。 昨年、クラウドファンディングサービス・Makuakeにて、目標金額の2300%達成した怪物的アンダーウェアがこの度、帰ってきたというのです。 一体、パンツで高機能とは、いかほどのものなのか? ほかと何が違うというのか? 確かめるべく、UNSUNGに脚を通した筆者は、そこではっきり「モノの違い」を見せつけられ、衝撃を受けました。なんと、下着にも満足は存在したのです。 今回、私は高機能アンダーウェアに触れ、下着の価値・ありがたみを再認識しただけでなく、暮らしが根本から変わる経験をしました。そんな私のUNSUNG体験記を報告します。 はじめて理想的なフィット感に出会った これまでの筆者にとって「パンツ=買いやすいところで買うもの(筆者の場合、それがユニクロでした)」。靴下などと一緒にサクッと買うものであって、いわば消耗品の補給に過ぎませんでした。 アンダーウェアに対する意識はどん底に低い状態です。 対するUNSUNGは、素材の90%にリサイクル由来素材『RENU®』を使用した、とっても意識の高いサステナブルなアンダーウェア。 あまり馴染みのない素材のため、着心地は未知数。「エコなのはいいんだけど、着心地悪かったらイヤだなぁ」と正直不安を感じつつも、試しに穿いてみたところ…。 なんと言えば良いでしょうか、この絶妙な「馴染む感じ」は。 ピッタリとフィットしつつも、圧迫されている感覚はまったくありません。穿いているというより、まるでアンダーウェアに寄り添われているような優しい着心地。 タイトなパンツのように「いつでもピッチィ!」みたいな密着感もなく、緩めのパンツのようなガバガバ感、ズボンの中でズレたり重なったりする感じもない、理想のフィット感です。 装着した瞬間から、何やらほかのパンツとは違う様子を感じた筆者でした。 ふとした瞬間に感じる心地よさ UNSUNGを身につけて過ごしていて驚いたのは、かつてない「サラサラ感」。 特に意識していなくとも、立ち上がるとき、歩いている最中など、ふとした瞬間に、サラッとした感触と風が通るような爽快感があるのです。 それもそのはず、UNSUNGは速乾性があり蒸れにくい仕上げのため、いつでもサラッサラ。 安定してドライな着心地のため、汗をかきがちな夏場はもちろん、重ね着で湿気がこもりがちな冬場であっても、爽やかに過ごせそうです。 これまで穿いてきたパンツとは、まったく別物、いや別格だ。そうはっきり感じとった筆者ですが、UNSUNGが特別なのは、着心地だけではありませんでした。 面倒な「買い替え」からの解放! このUNSUNGの画期的なところは、定期便のシステムを採用しているところ。 ユーザーの希望に応じて3カ月もしくは6カ月ごとに、新品のUNSUNGが届きます(3カ月プランは2枚、6カ月プランは5枚)。 前述のとおり、パンツにこだわりのなかった私にとって、下着の補充は「なんで、どれでもいいものなのに、定期的に買い足さなきゃならないんだろう。面倒くさ…」という、煩わしいイベントでした。結果、ボロボロのゴワッゴワになっているのにも関わらず、無理をして古いパンツを履き続けていたり… その点、UNSUNGの定期便は「良い品が、放っておいても勝手に届く」のですから、ものぐさな私にとっては願ったり叶ったりのサービス。...

パンツも日用品みたいに定期購入したら快適すぎ!履き心地抜群の1枚が定期的に届くと、どう変わる?

こちらはUNSUNGを販売する株式会社メディアジーンが運営するメディアlifehackerの記事です。着る服にこだわりがある男性は多いかと思いますが、アンダーウェア、つまりパンツについてはどうでしょう? 筆者はまったくこだわりがありませんでした。 「どうせ、たかがパンツなんだし、穿ければなんでもいいよ」と適当に買い、古くなったら捨てる。思えば、そこに満足はおろか期待すらない、荒んだパンツ・ライフでした。 そんな私の前に現れたのが「蒸れない、ずれない、すぐ馴染む高機能アンダーウェア UNSUNG(アンサング)」。 昨年、クラウドファンディングサービス・Makuakeにて、目標金額の2300%達成した怪物的アンダーウェアがこの度、帰ってきたというのです。 一体、パンツで高機能とは、いかほどのものなのか? ほかと何が違うというのか? 確かめるべく、UNSUNGに脚を通した筆者は、そこではっきり「モノの違い」を見せつけられ、衝撃を受けました。なんと、下着にも満足は存在したのです。 今回、私は高機能アンダーウェアに触れ、下着の価値・ありがたみを再認識しただけでなく、暮らしが根本から変わる経験をしました。そんな私のUNSUNG体験記を報告します。 はじめて理想的なフィット感に出会った これまでの筆者にとって「パンツ=買いやすいところで買うもの(筆者の場合、それがユニクロでした)」。靴下などと一緒にサクッと買うものであって、いわば消耗品の補給に過ぎませんでした。 アンダーウェアに対する意識はどん底に低い状態です。 対するUNSUNGは、素材の90%にリサイクル由来素材『RENU®』を使用した、とっても意識の高いサステナブルなアンダーウェア。 あまり馴染みのない素材のため、着心地は未知数。「エコなのはいいんだけど、着心地悪かったらイヤだなぁ」と正直不安を感じつつも、試しに穿いてみたところ…。 なんと言えば良いでしょうか、この絶妙な「馴染む感じ」は。 ピッタリとフィットしつつも、圧迫されている感覚はまったくありません。穿いているというより、まるでアンダーウェアに寄り添われているような優しい着心地。 タイトなパンツのように「いつでもピッチィ!」みたいな密着感もなく、緩めのパンツのようなガバガバ感、ズボンの中でズレたり重なったりする感じもない、理想のフィット感です。 装着した瞬間から、何やらほかのパンツとは違う様子を感じた筆者でした。 ふとした瞬間に感じる心地よさ UNSUNGを身につけて過ごしていて驚いたのは、かつてない「サラサラ感」。 特に意識していなくとも、立ち上がるとき、歩いている最中など、ふとした瞬間に、サラッとした感触と風が通るような爽快感があるのです。 それもそのはず、UNSUNGは速乾性があり蒸れにくい仕上げのため、いつでもサラッサラ。 安定してドライな着心地のため、汗をかきがちな夏場はもちろん、重ね着で湿気がこもりがちな冬場であっても、爽やかに過ごせそうです。 これまで穿いてきたパンツとは、まったく別物、いや別格だ。そうはっきり感じとった筆者ですが、UNSUNGが特別なのは、着心地だけではありませんでした。 面倒な「買い替え」からの解放! このUNSUNGの画期的なところは、定期便のシステムを採用しているところ。 ユーザーの希望に応じて3カ月もしくは6カ月ごとに、新品のUNSUNGが届きます(3カ月プランは2枚、6カ月プランは5枚)。 前述のとおり、パンツにこだわりのなかった私にとって、下着の補充は「なんで、どれでもいいものなのに、定期的に買い足さなきゃならないんだろう。面倒くさ…」という、煩わしいイベントでした。結果、ボロボロのゴワッゴワになっているのにも関わらず、無理をして古いパンツを履き続けていたり… その点、UNSUNGの定期便は「良い品が、放っておいても勝手に届く」のですから、ものぐさな私にとっては願ったり叶ったりのサービス。...